声優オーディション

一度は見たことのあるアニメや外国映画やドラマなどで、外国人なのに日本語をしゃべっていたり、絵なのに話をしたりしています。その声を担当している人の事を声優といいます。声優になるには色々な方法がありますが、みんなが選択するのは高校や大学卒業後に専門学校に入学します。声優科のある専門学校で声優の事に関して勉強していきます。次に養成所のオーディションを受けます。この養成所に入る為のオーディションは誰でも受ける事が出来るので、専門学校に行ってなくても受ける事は出来ます。逆に専門学校に行っていたからと言って確実に合格するものではありません。皆平等に選考されて合否が決まります。専門学校に行かなくとも養成所のオーディションは受ける事が出来ます。

高校卒業後でなくとも中学卒業後にもオーディションを受ける事は出来ますが受かる倍率はかなり下がってきます。養成所のオーディションを合格するのであれば高校卒業後に専門学校に通い養成所オーディションを受けるのが最短だと思います。専門学校を出ていてもオーディションに確実に合格できるものではないので声優の道は狭き門です。養成所に通わなくとも専門学校から声優のオーディションを受けることも出来ますし、専門学校や養成所などの学校に通わなくとも声優のオーディションは受ける事が出来ます。

少しでも声優オーディションに合格する為に確実性や事前知識を得る為に専門学校や養成所に通うか、学校などに通わず声優noオーディションを片っ端から受けていくかなどそれぞれの選択があります。養成所とはなんなのか、声優のオーディションとはどんな事をするのかなど紹介します。

Published by 管理者