声優の仕事

声優になる為には専門学校や養成所に通う他にもあります。声優は声の俳優なので演技力が必要になってきます。専門学校や養成所に通う事に抵抗がある、なるべく早く演技力を身に付けて声優につなげていきたいという事であれば舞台俳優や俳優を目指す事も一つの手段です。どちらも簡単になれるものではありませんが、舞台を経験していると演技力の他にも声の出し方など学べる所が沢山あります。テレビや映画の俳優であれば演技力や有名になり声優を経験できる可能性が出てきます。声優と言っても幅広く言えばナレーションも声優の一つなので、色々な経験を積んでいけます。ラジオも声だけの仕事になり、ラジオ劇等も声優の仕事の一つになります。

声優の仕事は幅広く色々な経験が生かされてきます。自分に合った勉強法や経験等で声優を目指す事が出来ます。

いざ声優になっても急に有名になるわけではなく給料も少ないです。何本作品に出たかによって給料が決まってくるので1本の金額も莫大な金額になる訳ではないので最初のうちはアルバイト等と掛け持ちになってしまいます。アニメの声優だけの仕事にこだわらずナレーションや吹き替えなどのオーディションにも挑戦して経験を積んでいく事が声優として成功する一歩になります。

専門学校と養成所

専門学校にも声優科があり養成所に入らなくとも声優になるチャンスはあります。学校の掲示板等に声優オーディション等乗っていたりします。養成所は入るためのオーディションがあるため誰しもが入れるわけではありません。養成所と専門学校の違いは、専門学校は誰しも受験をすれば入ることが出来声優の基礎知識や声優として必要な技術などを学ぶ事が出来ます。養成所はオーディションで合格をして初めて養成所の生徒として学ぶ事が出来ます。養成所では声優として実践的な事を学ぶことが出来、声優プロダクションが運営している為、プロの声優の話やアドバイスを聞く事も出来ます。

専門学校は授業がみっちりと決まっていて、朝登校して夕方下校というのを週に5日という形になります。養成所の場合は学校とは違い毎日ではなく週3~4日など空き時間もあるのでバイトや自分のやりたい事に時間をかける事も出来ます。

専門学校や養成所で勉強や実践を積み重ねて声優になるわけですが、昨今は声優になるにはかなり狭き門です。声優のなり手が多いと言います。オーディションはネットなどで調べると沢山出てきます。直接作品の声優オーディションもありますが、まずは声優事務所に所属するのが先決です。事務所オーディションも開催されているので所属をすれば仕事やオーディションの情報も入ってきます。

声優オーディション

一度は見たことのあるアニメや外国映画やドラマなどで、外国人なのに日本語をしゃべっていたり、絵なのに話をしたりしています。その声を担当している人の事を声優といいます。声優になるには色々な方法がありますが、みんなが選択するのは高校や大学卒業後に専門学校に入学します。声優科のある専門学校で声優の事に関して勉強していきます。次に養成所のオーディションを受けます。この養成所に入る為のオーディションは誰でも受ける事が出来るので、専門学校に行ってなくても受ける事は出来ます。逆に専門学校に行っていたからと言って確実に合格するものではありません。皆平等に選考されて合否が決まります。専門学校に行かなくとも養成所のオーディションは受ける事が出来ます。

高校卒業後でなくとも中学卒業後にもオーディションを受ける事は出来ますが受かる倍率はかなり下がってきます。養成所のオーディションを合格するのであれば高校卒業後に専門学校に通い養成所オーディションを受けるのが最短だと思います。専門学校を出ていてもオーディションに確実に合格できるものではないので声優の道は狭き門です。養成所に通わなくとも専門学校から声優のオーディションを受けることも出来ますし、専門学校や養成所などの学校に通わなくとも声優のオーディションは受ける事が出来ます。

少しでも声優オーディションに合格する為に確実性や事前知識を得る為に専門学校や養成所に通うか、学校などに通わず声優noオーディションを片っ端から受けていくかなどそれぞれの選択があります。養成所とはなんなのか、声優のオーディションとはどんな事をするのかなど紹介します。